君島十和子 甘酒 メーカー
甘酒と聞くと、冬に飲むものというイメージはありませんか?

初詣の時期に神社で配られていることも多く、自宅で甘酒を作るという方も多いと思います。

しかし最近では季節を問わずにスーパーなどで甘酒が陳列されているのをよく見かけます。

甘酒はメーカーによりアルコール入りのもの、アルコール抜きのもの、甘さ控えめのものなど実に様々な種類のものがあります。

甘酒は健康に良いと聞きますが、最近では美容面でも注目を浴びていますよね。

“美肌”“美魔女”と言えば君島十和子を思い浮かべる方も多いと思いますが、君島十和子も甘酒を愛飲しているようです。

君島十和子が飲んでいる甘酒のメーカーがどこなのか気になりますよね。

君島十和子が飲んでいる甘酒のメーカーはスーパーやドラッグストアといった身近なところで手に入るのでしょうか。

甘酒の美容面での効果も併せてチェックしていきましょう。

君島十和子が飲んでいる甘酒のメーカーはどこ!?

君島十和子の美肌は多くの人の憧れでもありますよね。

スキンケアや化粧品で美肌を作ることもできますが、土台の肌が綺麗じゃないとスキンケアの効果も化粧品の効果も実感できない部分がありますよね。

君島十和子は数々の美容法を実践し、その方法を雑誌やテレビを通して私たちに教えてくれています。

紫外線対策などは「そこまでする!?」と思わず言ってしまいそうなものもありますが、多くの努力があってこその美肌なのだとうなずけるものでもあります。

甘酒は飲むものなので、体の中、肌の内側から美肌作りをすることができます。

君島十和子は青汁を飲むということをテレビ番組で紹介していたこともありますが、甘酒も1年中冷蔵庫に入れて飲んでいるようです。

甘酒は酒粕に砂糖を加えたアルコールが含まれているものと、米麹から作られたノンアルコールのものとがあります。

君島十和子が飲んでいる甘酒は砂糖を加えないノンアルコールのもので、朝から飲んで元気を出しているようです。

砂糖を加えない自然な甘みが感じられるので、目覚めの一杯に最適ですよね。

実際に君島十和子が飲んでいる甘酒のメーカーは番組などで紹介されてはいませんが、甘酒の特集を組んだ番組にゲスト出演したときに番組内で紹介された甘酒のメーカーは“八海山”という新潟の酒造のもの。

八海山の甘酒は新潟に行く機会があまりないという方は、ネット注文で購入することができます。

冬の時期になると多くの甘酒のメーカーがスーパーに並ぶため、甘酒の取り扱いが多いスーパーや酒屋などでは八海山の甘酒が店舗に置いてある可能性もありますね。

また君島十和子は甘酒に限らず、納豆やみそ汁といった発酵食品をよく食べるようです。

美容面で効果的なたんぱく質やビタミン類を多く含む発酵食品によって君島十和子の美肌は作られているのかもしれませんね。

甘酒もそうですが、納豆やみそ汁などは近場で手に入りやすい商品ですし、食べることで肌の内側から美容に気を遣うことができるというのは真似しやすいですよね。

特別に高いケアをしなくても、日常的に摂取できるもので美肌作りをしていけるというのは庶民の強い味方でもあります。

甘酒のもつ驚くべき効果とは?

甘酒は“飲む点滴”や“飲む美容液”とも言われるほど高い効果を持っています。

甘酒は疲労回復や夏バテに効果的とされ、昔から人々の間で親しまれてきた飲み物です。

甘酒にはたんぱく質やビタミンB1、B2、B6、ナトリウム、カルシウム、エルゴチオネインなどが含まれています。

あまり聞きなれないエルウゴチオネインという栄養素は抗酸化作用が強く、美白効果があるとも言われています。

甘酒には体力を回復させる健康サポート面以外にも、美白や美肌効果、便秘解消といった美容面をサポートしてくれる成分が豊富に含まれているのです。

冬に販売されている印象が強い甘酒ですが、夏の暑い時期の夏バテ予防や紫外線対策としても非常に有効であることがわかります。

そのため君島十和子のように1年中冷蔵庫に甘酒を入れておいて、日課のように飲むというのは理にかなっていると言えますよね。

君島十和子が飲んでいる甘酒のメーカーは!?甘酒の効果って?:まとめ

甘酒は市販されているものを購入して飲む以外にも、自宅で簡単に作ることもできます。

近くのスーパーでは季節によって販売していないことがあるという方は、自作をして年間通して飲めるようにしてみても良いかもしれません。

美は一日にしてならずです。

君島十和子のような美肌を手に入れるためにも、今日から甘酒生活をはじめてみませんか。